日本中央競馬会に所属する厩舎従業員で組織する全国競馬労働組合の公式サイトです。(滋賀県栗東市)

組合の歴史

組合の歴史

組合の歴史

初代委員長 尾上忠勝
  • 1958年(昭和33) 1月8日
    • 日本中央競馬関西馬丁労働組合結成(全馬労の前身)
    • 初代委員長に尾上忠義就任 2日後、第2組合結成される
  • 1959年(昭和34) 1月15日
    • 第1回組合定期大会・京都総評単産加盟
    • 2代目委員長に吉田清志 就任
  • 1959年(昭和34) 6月1日
    • 中央競馬主婦会(みどり会)結成
  • 1959年(昭和34) 11月29日
    • 24時間ストライキ突入 初の競馬中止
  • 1960年(昭和35) 11月13日
    • 菊花賞ストライキ突入 組合員逮捕
  • 1969年(昭和44) 8月24日
    • 栗東トレセンへの移転が始まる
      第2代委員長 吉田清志
  • 1970年(昭和45) 7月4日
    • 鷹野運送支部結成
  • 1971年(昭和46) 1月28日
    • 組織統一成る・「全国競馬労働組合」に名称変更
  • 1971年(昭和46) 4月21日
    • 東海馬匹組合結成・東海支部設立
  • 1971年(昭和46) 4月25日
    • 全馬労組織候補町議選に初当選
    • ※以降、現在まで7名の議員が連続して当選
      • 福田広巳(S46〜1期)
      • 寺崎義徳(S50〜2期)
      • 尾田昭代(S54〜5期)
      • 立花白山(S58〜1期)
      • 吉田清志(S62〜1期)
  • 1972年(昭和47) 2月14日
    • 厩務員クラブ(当時・中央競馬馬丁クラブ)設立
  • 1990年(平成2) 4月22日
    • 吉田清志中央執行委員長 逝去
      第3代委員長 福村留治
    • 3代目委員長に福村留治就任 (翌年11月)
  • 1992年(平成4) 7月13日
  • 1995年(平成7) 3月・11月
    • 全馬労分裂 3月/21世紀労・11月/関西労 
  • 1998年(平成10) 3月
  • 2001年(平成13) 11月
    • 3代目中央執行委員長福村留治退任
      第4代委員長 駒崎憲二
    • 4代目中央執行委員長に駒崎憲二就任
  • 2003年(平成15) 4月
    • 栗東市議会議員に書記長の田村隆光がトップ当選
  • 2005年(平成17) 10月
    • 湖南市議会選挙で組織内議員の赤祖父裕美が2期目当選
  • 2006年(平成18) 10月
    • 田村書記長が栗東市長選挙に出馬するも惜敗
  • 2007年(平成19) 4月
    • 田村書記長が栗東市議会議員選挙2期目トップ当選
  • 2008年(平成20) 1月8日
    • 全国競馬労働組合創立50年(5月26日に50周年記念祝賀会挙行)
    • 50年誌の発行
  • 2009年(平成21) 10月
    • 湖南市議会選挙で組織内議員の赤祖父裕美が3期目当選
  • 2011年(平成23) 4月
    • 厩舎制度改革スタート
      • 新賃金体系の導入(現賃金体系と二本立て)
      • 60歳以下、退職勧奨制度導入(本年限り)
      • 60歳以上、退職加給金制度の廃止(H24.12月まで)
      • ヘルパー制度の見直し
      • 競馬会からの助成金の統合
    • 栗東市議会選挙で組織内議員の田村隆光(書記長)が3期目当選(無投票)
  • 2011年(平成23) 11月
    第5代委員長 京 勇吉

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional